ネットオークションで手に入れたマズライトについて調べてみた!

muzzelite_1

皆さん、こんばんは!高ちゃんです。今回は SUN PROJECT MUZZELITE(サンプロジェクト マズライト)についてです。BV式ガスガン(外部ソースガスガン)なので、マガジンキャッチとストックプレートの間にある金色の部品にエアタンクやコンプレッサーなどをつなぐ必要があります。それでは各所見ていきたいと思います。

 

muzzelite_3

まず、このガスガンのプラスチック製ボディーとトリガー部はアメリカのマズライト社が製造し販売している製品です。

「アメリカのマズライト社は、ピストルカービンやセミオートマチックライフルをブルパップ化するコンバージョンキットを製造・販売している会社である。」(自動小銃/マズライト MZ – MEDIAGUN DATABASEより抜粋)

また、amazonでこのコンバージョンキットが今も販売されているのを確認しました。1月1日に確認した結果、$114.00で販売中です。輸入代行サービスか、個人輸入を使えば購入することができるかもしれませんが、このマズライトは今でもネットオークションであったりするのでそちらで手に入れる方が簡単だと思います。様々なメーカーがコンバージョンキットを製造し販売しているので、興味がある方は探してみてはいかがでしょうか。

 

muzzelite_4 muzzelite_5

こちらは機関部付近です。上の写真の機関部カバーや下の写真のマガジンやマガジンキャッチ部分、バレルなどはSUN PROJECTが後から付けたものです。マガジンはSteyr AUG(ステアー AUG)のマガジンです。このマガジンを東京マルイのAUGのマガジンと比べるとサイズが一回りぐらい小さいです。

 

muzzelite_6

この写真の中央に写っているトリガーガードの部品がセーフティです。この状態だとセーフティが掛かっていないのでトリガーを引くことができます。

 

 muzzelite_7

これはキャリングハンドルの部分で、付属しているのはマウントベースです。10mm用と20mm用の照準器を付けることが可能で、プラスチック製ですがガタつくこともなくしっかりとした作りになっています。照準器を固定するための溝は前後の二つしかないので、このまま使うのであればどちらかに付けるしかないです。

 

muzzelite_8

これが付属のマウントベースです。

 

muzzelite_9

ちなみにこれが内部の構造です。何か入れてくれといわんばかりのモナカ構造です(笑)。最終的には何かしらの電動ガンかガスガンを入れる予定です。その際の作業は記事にします。興味がある方はぜひネットオークションなどを漁ってみてはいかがでしょうか?

また、最近は寒いのでサバゲーする際は風邪を引かないように暖かい装備でしてください。ありがとうございました!