【カクテル】コープス・リバイバーを実際に作ってみた!

DSC_0060

皆さん、こんばんは!シンカイです。
今回はチーム名に関するお話です。うちのチーム名「コープス・リバイバー」はとあるカクテルの名前から来ています。チーム名を決めるときに、高ちゃんと僕は酒好きなのでお酒の名前から決めようという話になりました。そこで目に留まったのがコープス・リバイバーというカクテルです。他にも候補は出したのですが、この厨二心をくすぐる名前に魅力を感じてそのまま採用しました。

せっかく決めたチーム名。その起源に触れてみたら愛着が更に湧くだろう。というわけで実際にコープス・リバイバーを作って飲んでみました!

 

DSC_0051材料はこちらです。左からオレンジジュース、レモンジュース、シャンパン、ブランデー、グレナデンシロップとなっています。コープス・リバイバーは作り方がNo.1~No.4まであり、材料もそれぞれ違います。今回はNo.4を作っていきます。

 

DSC_0055まずは、シャンパンだけで一口。うまい。
シャンパンっぽい味だが、それをあまり主張してこない良い味。割るのには最適なシャンパンです。シャンパンといえば開けるときの「ポン!」というあの音。中身がこぼれる覚悟で開けたところこぼれることもなく綺麗に開けることができました。

 

 

DSC_0059

はい。試行錯誤しながら完成しました。後味スッキリで意外と飲みやすいです。多少柑橘系の苦みがあります。この飲みやすさとアルコール度数を考えると、レディキラーに入るかもしれない。※レディキラーについてはこちらを参照下さい。

 

作り方が難しいこともあり、本来のレシピ通りに作れませんでしたが良い経験が出来ました。実はこの企画は去年の6月にやったものです。記事にするのを忘れていました。すいません!

皆さんもぜひコープス・リバイバー、飲んでみてください!シンカイでした。